06-6886-5050
企業ポリシー

医療と美容の連携を目指す

弊社は、足のトラブルに関する『医療と美容の理想的な連携』を目指しておりますので、
是非ご一読いただき、弊社活動へのご理解を賜りますようお願い申し上げます。

何故、医療と美容の連携を目指しているのか

健康な生活を送る上で『足』はとても重要です。

ところが現在の日本には年齢性別を問わず、足のトラブル(巻き爪、タコ、魚の目)を抱えている方が大勢いらっしゃいます。

特に足の『巻き爪』に関しましては、幼少からの靴による圧迫など、様々な原因により潜在的に多くの方が悩まれています。

しかし、そういった方々にとって問題解決を行う判断になる情報が偏っていたり、不足していたりする事が往々にしてあると思われます。


実際私どものサロンでお客様からご相談を受ける際に以下のようなケースに遭遇する事が多く、社会的な役割を感じずにはいられません。

よくあるケース

電話予約の際「皮膚や爪に疾患や傷があると施術を行えません。」と前もってお伝えしているにも関わらず、皮膚が非常に膿んでいる状態で来られる場合があります。

お客様の理由

病院にいくのが怖いので、まずは病院以外のところで相談したかった。

問題点

このような場合、当サロンでは当然病院での治療の必要性についてお客様には十分なご説明を行い、病院で診察されるようにお勧めしていますが、心配される方が多く「良い病院を紹介して欲しい」と依頼されます。

問題解決を行うために

上記のような事から私どもは、『医療と美容の理想的な連携』が必要不可欠だと考えるようになりました。

ただ、連携と申しましても病院での治療が必要な方に私どもができるのは、〝先に病院での治療をお勧めする〟ことです。

お客様がお住まいの近隣病院をご紹介できるようにしていますが、その際に手術や抜爪以外にも『ペディグラスの巻き爪補正』という有益な方法が有り、それも選択肢のひとつである事をご理解頂け ますよう『一般社団法人 日本フットケア・足病医学会』や『公益社団法人 日本皮膚科学会』が開催する学術集会に企業出展し弊社のポリシーや技術をお伝えしています。

我々の活動(サロン業務や技術者養成)が『新しい雇用の場を生み出す事』『健康的な人達を増やす事』になり、幅広い意味で社会のお役に立てることと思います。

一般社団法人 日本フットケア学会 第15回 学術集会の様子2017年(平成29年)3月24日(金)~25日(土)

公益社団法人日本皮膚科学会 第118回総会の様子
2019年(平成31年)6月6日(木)~ 9日(日)

医師・看護師の皆様へ『爪のカット方法』のお願い

患者様が「ペディグラスの巻き爪補正器具を試したい」とご希望されている場合には、可能であれば以下のような「爪カットの方法」による処置をしてくださいますようお願い申し上げます。

医師・看護師の皆様へ『爪のカット方法』のお願い

トゲになっている部分だけをカットしていただくと膿んでいる状態が治れば補正器具を付けることができます。

医師・看護師の皆様へ『爪のカット方法』のお願い

爪の根元まで切って抜いてしまうと補正器具を付けることができません。

顧問の医師紹介

東 禹彦

みなさん、こんにちは
東皮フ科クリニック 院長の東(ヒガシ)です。
私は長年皮膚科医をやっておりますので「皮膚のトラブル」や「爪のトラブル」で困っている方の治療を沢山おこなってきました。
その中でも巻き爪や陥入爪でお困りの方が沢山おられまして、治療法には色々なものがあります。
根治療法としては「爪を作る工場部分を切除」または「薬品で焼く」という手術があります。
また保存的療法としては何らかの器具を使い巻き爪を矯正したり、補正したりすることもできます。
これらには色々な方法がありますが、今回皆さんが学ばれるペディグラスの巻き爪補正技術は「痛みを与えずに行えて」「見た目にもよく」「補正力も強く」「即効性がある」ものなので、保存的療法として、優れている技術だと思われます。
これからこの技術を習得されるみなさんは、色々なことを沢山学ばれて困っておられる方々のお役に立てるように頑張っていただきたいと思います。

東皮フ科医院 院長 東 禹彦

[経歴]

  • 1979年
    市立堺病院皮膚科部長
  • 1995年
    同上副院長兼皮膚科部長
  • 2002年
    同上定年退職
    東皮フ科医院開院

[主な活動]

日本皮膚科学会
アレルギー学会日本医真菌学会
日本研究皮膚科学会
日本皮膚アレルギー学会
日本接触皮膚炎学会
上記学会では評議員を長年にわたり勤めた。

[著書]

「爪」
「皮膚および粘膜のカンジダ症」
「爪の色や形で健康セルフチェック 」
他にも多数の執筆活動中

山口 健一

この春を迎えると形成外科医になって19年(2021年1月現在)が経とうとしています。
医師になり、早いうちからベストな爪医療が出来るようにと研鑽を積んでいく中で、爪の医療を適切に行うためには医師とフットケア技術者・靴技術者の連携が不可欠であると強く感じるようになってきました。
また、爪に関わる医師は形成外科・整形外科・皮膚科のすべての視点から爪を見ることが必要であり、そのためになかなか医療が進展していない現状があります。
自分はあらゆる立場の方々の橋渡しとなって、爪の為に異なった分野の医療従事者の垣根を取り払う先駆けとなれればと日々考え、保存的な矯正方法や手術の方法を数多く見てきましたが、ペディグラス社のネイルリストアという技術には非常に驚かされました。
スキー靴が合わなかった、合わない登山靴を履いて下山したなどの後に爪が剥がれてしまうことがしばしば見られます。
その後数年経過しても変形した爪が厚ぼったく伸びてきてしまい、醜形を残してしまうことがあります。
今までは「こうなってしまっては、もう手の施しようが無い」と患者様に説明してきましたが、ネイルリストアという解決する方法が存在したのです。
驚かされると共に自分の医療はまだまだ「井の中の蛙」なのではないか?と今後の医師としてのスタンスにも大きく影響いたしました。
もっと多くの人がネイルリストアを広めて困っている方に施術することが出来ればと考えております。

形成外科・皮膚科 爪と皮膚の診療所 院長 山口 健一

[略歴]

  • 2002年
    東京医科大学卒業 形成外科入局
  • 2009年
    たちばな台クリニック 形成外科
  • 2011年
    日本形成外科学会専門医
  • 2013年
    足の診療所表参道にて勤務
  • 2015年
    ペディグラス認定 足爪補正士
  • 2016年
    爪と皮膚の診療所 開院
    ペディグラス認定 シニアリストアラー

[現状]

2016年 5月16日に神奈川県横浜市青葉区にて爪を専門とする「爪と皮膚の診療所 形成外科・皮膚科」を開院。
「足の診療所 表参道」は毎週水曜日に非常勤勤務としている。